自動車保険のダイレクト型と代理店型の違い

自動車保険のダイレクト型と代理店型の違い

自動車保険のダイレクト型と代理店型の違い

自動車保険に加入する際の保険の加入方法ですが、ダイレクト型と代理店型が有ります。

 

その違いは何ですか・

 

ダイレクト型とは

最近主流になりつつあるのがインターネットや電話などを介してあなたが直接保険会社と契約する事をダイレクト型と呼びます。
通販型とも呼ばれ、代理店の減少で最近はこのダイレクト型で自動車保険に加入する人も増えています。

 

代理店型とは

保険会社と直接契約するのではなく保険代理店を介して自動車保険の加入する方法です。
保険会社だけではなく代理店の担当者のサポートも受ける事が出来るので安心です。

 

1998年の保険業法が改正されるまでは代理店を介して保険加入が一般的でしたが、改正後は各社サービス、保険料などを自由に設定できるようになりダイレクト型が急速に普及し今ではダイレクト型が主流になりつつあります。